大人の発達障害は何科に行けばいい?ADHD・アスペルガー症候群疑で病院へ【実録】

先日、夫が大人の発達障害の疑いがあるため、病院へ一緒に行ってきました。
今回の記事は、病院へ夫が行くまでの簡単な経緯・準備するもの・当日の流れなどを書いていきます。もし、家族やパートナーの発達障害を疑っていて、これから病院を探したり準備など計画したい方がいれば、参考になるかと思います。

ADHD・アスペルガー症候群疑で夫が実際に病院受診しました

病院を受診するまでの経緯(我が家の場合)

はじめに、今回病院受診をするのは、夫自ら大人の発達障害を自覚したからではありません。妻の私が受診して欲しいと伝えてから約6年が経過し、ついに動いてくれた!という感覚です。

結婚当初(約10年前)から、夫は、キレやすい・状況による判断が苦手・約束を忘れる・普通が分からないなど、軽いものでこう言った症状がありました。妻の私は夫にいくら辛い胸の内を訴えても理解してもらえませんでした。特に出産後は夫の暴言と取れる言葉がひどくなり、カサンドラ状態なってしまいました。その後、うつ病やパニックを発症してしまい、一時別居。半年間で心身元気になり、別居を解消し、現在に至っています。

夫が発達障害かもしれないと気がついたのは、自身のうつで受診していた心療内科の先生や、行政のカウンセラーから教えてもらったことがきっかけです。それが6年前くらい。
そこから私も勉強をしたり情報を得たりしながら、夫と接してきて今回受診に至りました。ただ受診直前は離婚を切り出しており、家庭内はボロボロでした。でも、これをきっかけに夫も自ら受診してみると言ってくれたことは本当に良かったです。

受診直前の状況はこんな感じです↓

関連記事

「離婚したい」 夫に訴えました。切り出したのは2回目です。 以前、離婚を訴えた結果、別居をしましたが、色々考え半年で元に戻った。という経緯があっての今回です。(当時離婚したいと言った理由は後ほど書いてます) ちなみに、この記事では、細か[…]

アスペルガー・ADHDグレーの夫に離婚したいと訴えた結果

大人の発達障害(アスペルガー・ADHD)は何科に行けばいい?

病院は何科を受診する?

大人の発達障害は、病院を探すにも何科にかかればいいのかな?という点について。心療内科や精神科に相談に行くといいと思います。

発達障害に関して、当事者、ご家族、支援者、自治体関係者等に向けて幅広い情報提供を行っています。お住まいの地域にある、発達…

上記リンクの窓口でも、相談ができたりするそうです。

病院はネット検索などで探しましたが、診察はするけど検査はできないところや、そもそも初診は受け付けていないというところも多かったように感じます。
我が家の場合は、夫のことを行政の保健師さんに相談をしに行ったことがあるのですが、その時、保健師さんが調べてくれた候補の中から病院を決めました。

精神科はどこも混んでいる印象で、最初に電話をした病院は、初診が2か月先でした。夫がかかった病院も、予約は約1か月後だったので、予定も気持ちも余裕を持つといいかもしれません。

受診前に準備するべきことはある?

病院への持ち物は、予約時には特に指示はありませんでした。下記のものは、事前に準備しておくと良いものです。参考まで。

①子供時代の通知表
②困り事のメモ(具体的エピソード)
③予定を合わせて病院に同行する

①通知表は、小学校から高校まで、残っていれば全部持って行ってもいいくらいだと思います。夫の場合は小学1〜3、高校3年間の通知表しか残っていませんでしたが、持参したところ医師からは大変参考になると言われました。診断結果にも直結してくるデータなのだと思います。

②うちの夫の場合は、受診に至った理由を聞かれると、妻から一緒にいるのが辛いと言われている」、「離婚の話になっている」、「自分では何でそうなってしまったか分からないけど妻を傷つけている」という感じにしか答えられませんでした。(当たり前か…)

やはり受診を促された本人が解像度高く伝えるのは難しいと思うので、困っている側の具体的なエピソードをたくさん用意しておくと良いと思います。最初から全部話す必要はありませんが、必要な時に思い出せるようにしておくといいです。私ももっと準備しておけば良かったと少し後悔しています。

病院に付き添いで行けるのであれば、絶対同行した方がいいと私は思います。もしできない場合は、発達障害と疑った具体的なエピソードと一番困っていることを自分の立場からでいいのでメモを渡してもらうなどの準備は必要だと思います。

病院受診、当日の流れ【実録】

待ち時間はほとんどありませんでしたが、診察や検査、今後どのようにするかの相談などで、トータル3時間ほどでした。

問診

当日は朝9時半の予約でしたが、問診があるので30分前に到着していてくださいとのことでした。問診は、既往歴や受診した理由などの簡単なものでした。

診察

約1時間ほど、担当医師からの質問に答えていきました。

・なぜ受診したか
・今一番困っていることは何か
・一番治したいところはどこか
・親から見てどのような子供だったか(発達が順調だったか、手がかかったのならどのようなところでなど)
・幼少期〜大学の成績・対人関係など
・社会生活について
・家庭内でのこと etc…

家庭内のことについては、夫が答えられない部分は私に聞いてくれました。基本的には全て医師が誘導して聞いてくれるので、安心でした。話す内容だけでなく、話し方や話のまとまり、テンポなども見ていたように感じます。しっかりメモをしながら聞いてくださいます。

身体検査

診察後、各担当ブースで身体検査をしました。全員するチェックだそう。
身長体重・血圧の計測、血圧、採血、レントゲン、CT。広い病棟なので、各部屋に移動して受けていく形でした。採血は少し待ち時間はありましたが、その他は特に待つことなくスムーズに対応してくれました。

診察(検査結果と今後のことについて)

先ほどの身体検査の結果をもって、精神科の担当医師と再度お話します。夫の場合は身体検査の結果は悪くなかったのでさらりと伝えられたのみです。
この時に夫の性格的な部分についての聞き取りがさらに行われ、心理検査についての説明を受けました。

夫の場合は、ADHDはほぼ確実(心理検査をしなくても診断できるレベル)であり、家庭内でのトラブルも特性が強く出ていると思われるとのことでした。今後、認知行動療法など何かしら行動修正ができるようにした方がいいとのアドバイスを受けました。

心理検査の結果が出た後、1ヶ月後の受診予約で診察は終了です。

心理室へ

最後に、心理室で心理検査の説明を受け予約をしました。心理検査は最低でも2日要し、場合によっては3日に渡る場合もあるとのこと。1日にする検査は2時間程度とのこと。こちらでも、最後まで担当の心理士さんがついてくれるので、安心できるシステムでした。次回予約までに、心理検査の1つを宿題としていただきました。

診察費用について

診察・検査費用全て含めて13,000円ちょっとでした。今後やっていく心理検査は、全て保険診療で受けられるので大きな負担ではなさそうです。

病院受診全体を通して

まだ全ての検査を終えたわけではありませんが、受診をして本当に良かったと思います。これまでは夫と私、2人だけで夫婦の問題について話をしていました。当たり前ですが、発達障害についても知っている情報の中で推測をして話をするほかありませんでした。

受診をして、発達障害もですが、その他性格特性も悪さをしていることを知りました。そして、先生の立場から、きちんと行動修正をしていかなければいけませんと言ってくださったことも大きかったです。
認知行動療法をするにも、こちらの病院ではできない(もっと重症の方に対応している)ので、今後どうするか改めて夫と相談して決めていきたいと思っています。

大人の発達障害は何科に行けばいい?ADHD・アスペルガー症候群疑で病院へ【実録】
最新情報をチェックしよう!